毛との葛藤

ムダ毛に葛藤する
わたしは全身の毛がかなり濃い事がジレンマで、かみそり、毛抜き、脱毛クリームなど様々なものを使って定期的脱毛をしていました。

ただし、いずれも成果はあまり感じられず次の日にはなおむだ毛が・・・という定期的。

さらに、定期的手足のむだ毛をかみそりで剃っていたせいで全身の様々なところに傷をつくってしまい、冬場は無論、真夏でも薄着にはなれず、実際に思い悩んでいました。

そんな訳で、一思いに脱毛サロンに通ってみようと考え、手と足脱毛全8回コースを契約しました。

脱毛を反復するうちにちょっとずつ全身の毛が薄くなっていくのを感じ、全8回を終える頃には現在までの苦労の毎日はなんだったんだろう!と思えるくらい、すべすべのお肌を入手する事ができました。

それまではストッキングなしでは出歩く事ができなかったのに、素足で外を歩く事が可能なようになりました。

なによりも、人と肌が触れ合う事を懸念事項しなくてもいい事がうれしくてたまりませんでした。

ただし、脱毛を終えて半年が経ち、1年が経ち・・・。

そしてちょっとずつ全身の毛が濃くなってきているような気が。

帰するところ時が経つと影響は薄れ、むだ毛は復活してしまうものなのでしょうか。

そしてあのむだ毛処理に追われる定期的が待っているのかと思うと、げんなり、がっかり、といった心情です。

けれども、一瞬のしあわせな時ではありましたが、むだ毛を気にせずにいられる暮らしを味わえただけでもよかった、と言い聞かせています。

脇の黒ずみの要因について

美意識が高い女性
もう無理だと思うくらいに私は努力しました。

脇の必要ない毛の処理を細かくやって、ようやく完了しました。

完了したのにも関わらず必要ない毛の処理が足りなく見えるのは何故なんでしょうか。
毛穴が黒ずんで私の肌は必要ない毛の処理をどんなに努力しても汚いのです。

現実に嫌になってきます。

なんでこうなるのでしょうか?この現象が承知いかなくて私はオンラインで調査して見たんです。

そしたらある事が理解いただけました。

それは私が肌荒れをしている見込みです。

肌の黒ずみや色素沈着と言う症状があって、私はその症状なのかなと考えました。

必要ない毛を剃っても抜いても黒ずんで汚く見えてしまうのはこの肌荒れのせいなのです。

それを知ったら頑張って必要ない毛を剃ったのに脇が汚いままの自らのこのステータスのきっかけが解き明かされました。

頑張って処理してもだめなわけです。

この黒ずみや色素沈着が何故起こるのか知っていますか?これは肌を処理道具で荒らしてしまったのがきっかけなのです。

カミソリや毛抜きでの処理を何度もやっているとそのせいで肌が傷つくんです。

この傷ついたスポットから菌が入ったりして肌が黒ずみや色素沈着になります。

私はどんどん必要ない毛の処理が甘いせいかと思っていたけど、どうやら違うようです。

処理が甘いのではなく肌荒れに侵されていたと知りました。

やっと私は自らの問題に気がついたのです。

今後私はこの肌荒れを治すために全ての事をしようと思っています。

最初に脱毛からです。

これで脇の肌トラブルを治そうと考えます。

医療脱毛機器 YAGレーザー

脱毛に勤しむ女性
日本の医療機構で使用されている最も多々ある脱毛機器である三大脱毛機器、そのうちの「YAGレーザー」についての良いところ、悪いところをご解説します。

「YAGレーザー」とは、長期の光の波長を照射していくので、幹細胞にピントを組み合わせてレーザー照射が行われるという特色を持ちます。

良い面として、脱毛機器による火傷の損傷を防ぐ事、メラニン色素への影響が抑えられる事があります。

日焼けによる色素沈着で肌の色が黒くなった時に活用する機器として推奨する事ができます。

波長が長いという特性は、肌の深部にまで照射されるという成果を望みする事ができます。

「YAGレーザーの短所」YAGレーザーは、ダイオードレーザー、アレキサンドレーザーと対比した事例には、使用数が少数の機器になります。

それはYAGレーザーは、わりと浅黒い肌の時には影響が望み可能な機器ですが、パーフェクトに日焼けしたステータスでは火傷のリスキー性も言われているからでもあります。

その上、該当機器の照射口が他の機器よりも手狭なというトレードマークを持ちます。

一例を挙げればピンキーポイントの脱毛には適応する事ができるですが、広範囲には他の機器には劣る様です。

色素が強いケースにはピン着眼点脱毛をお願いするならば、針脱毛でのテクニックをイチ押しするというドクターも多く影響するようです。

以上、「YAGレーザー」についてのポイントと一般的な良い面と悪い面をご解説しました。

脱毛サロンに通うペースは?

脱毛について考える
脱毛サロンというのは苦痛が少ない割に脱毛回数が多々あるフラッシュ脱毛にて脱毛を行います。

苦しみが強いよりは豊富に通った方が良いと思案する人は少なくないものの、とどのつまりその一方でどれほどのスパンで通う事になるのかというのは引っかかる秘訣なのではないでしょうか。

なので、脱毛サロンに通う平均的な回数はどれほどになるのか、ご解説をしていきます。

最初に、もちろんながら脱毛サロンに通うスパンというのは脱毛回数により異なります。

脱毛は毛周期にあわせて2ヶ月から3ヶ月に1度程度行うのが常識的で、それを元に回数とかけて計算をすればどれほどの期間脱毛サロンに通えば良いのかわかってくると言えるのではないでしょうか。

例を挙げると両ワキを10回脱毛を希望する場合、単純計算で20ヶ月、つまり1年半多少必要になるという事になります。

加えて、事例によっては予約が取りにくかったりして、さらに長い期間トータルで必要になる事もあるでしょう。

さらに、全身脱毛で脱毛サロンに通うとしたら、だいたい平均で3年前後は皆さん脱毛サロンに通う事が多々あるです。

今後脱毛サロンの活用をお考慮しの方で、どれほどの長い期間脱毛サロンに通う事になりそうなのか質問に思われていた方は、上述の平均や単純計算の仕方をポイントになさってみてはどうでしょうか。

そうすれば、だいたいどれだけで自らの脱毛が終わるのかきっと予想がつくのではないでしょうか。