医療脱毛機器 YAGレーザー

脱毛に勤しむ女性
日本の医療機構で使用されている最も多々ある脱毛機器である三大脱毛機器、そのうちの「YAGレーザー」についての良いところ、悪いところをご解説します。

「YAGレーザー」とは、長期の光の波長を照射していくので、幹細胞にピントを組み合わせてレーザー照射が行われるという特色を持ちます。

良い面として、脱毛機器による火傷の損傷を防ぐ事、メラニン色素への影響が抑えられる事があります。

日焼けによる色素沈着で肌の色が黒くなった時に活用する機器として推奨する事ができます。

波長が長いという特性は、肌の深部にまで照射されるという成果を望みする事ができます。

「YAGレーザーの短所」YAGレーザーは、ダイオードレーザー、アレキサンドレーザーと対比した事例には、使用数が少数の機器になります。

それはYAGレーザーは、わりと浅黒い肌の時には影響が望み可能な機器ですが、パーフェクトに日焼けしたステータスでは火傷のリスキー性も言われているからでもあります。

その上、該当機器の照射口が他の機器よりも手狭なというトレードマークを持ちます。

一例を挙げればピンキーポイントの脱毛には適応する事ができるですが、広範囲には他の機器には劣る様です。

色素が強いケースにはピン着眼点脱毛をお願いするならば、針脱毛でのテクニックをイチ押しするというドクターも多く影響するようです。

以上、「YAGレーザー」についてのポイントと一般的な良い面と悪い面をご解説しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です